本文へ移動

こども園の一日

一日のながれ

登園
   おうちの人と別れてから、木立の間の徒歩通園路を通って登園します。
   この道では、春は花が咲き、夏にはクワガタやカブトムシなどの虫が遊び、
   秋はどんぐりが落ちてきて、冬にはきれいな氷が張る…
   いろいろな出会いがあります。 
自由活動
   縦割りクラスの中で、自然の素材を生かしたおもちゃで遊び、
        手先を器用に使います。 幼児期にしっかり遊びこむことで、
        将来の学習する意欲や問題解決能力が身につきます。
朝のあつまり
   使ったのもをきちんと片付け、お手洗いを済ませたら、
   歌や小さな手遊びの後、ろうそくを灯して先生の素語りのお話を聞きます。
   映像や効果音のないお話は子どもたちの想像力を豊かにしてくれます。

年齢別活動
         制作や体育活動など、年齢別の活動に取り組みます。

外遊び・お散歩
         園庭や周囲の自然の中でのびのび遊びます。
       雨の日は、雨具を身につけてお散歩に行きます。
       からだをしっかり動かして成長していきます。
昼食
         管理栄養士を中心に考えた手作り給食を提供しています。
 
   お友だちや先生と食べることで食事のルールやマナーが身につき、
   いろいろな食材を使った献立を食べて苦手なものも克服していきます。
外遊び
   ごちそうさまの後は、園庭で遊びます。
        大きな滑り台や砂場、実のなる木の下などで
        思い思いの遊びを展開します。
降園   
   楽しかった一日に感謝してこども園が終わります。
   それぞれのお迎え場所に先生と移動してお迎えを待ちます。

特色教育

バイオリンレッスン
 
 楽器の響きに親しんでほしいと始めました。
 年中さんの3学期から楽器の持ち方、弾き方、立ち方など基礎から始め、
 年長さんになると生活発表会、岡山市のウインターコンサートなど、
 ステージも経験します。
えいご
 
幼児期にふさわしい英語体験を
楽しく遊びながら繰り返し積み重ねていきます。
日本語にはない独特な音やリズムに触れて英語を楽しみます。
えのぐのじかん


「絵が描ける」ことではなく「ファンタジーに心を遊ばせ、色彩に感情をのせる」体験を通して、感じ取る感性と表現する楽しさが育つことを願っています。

お料理の日

混ぜたり、こねたり、丸めたり、切ったり、焼いたり・・・
お料理に親しみます。
 
<今まで作ったもの>
 きびだんご きゅうりの昆布もみ フルーツカクテル お好み焼き など
 

預かり保育

預かり保育について
  子育て環境や家庭事情が多様化する中、当園では子どもたちの
  安全と心身の健やかな成長を願い、預かり保育を実施しております。
 
 実施要項
  【対象児】 在園児
  【実施日】 月~金曜日
  【時 間】 早 朝: 7:30~ 8:30
        保育後       ~18:30
  【場 所】 園舎内 園庭等
   ※夏・冬・春の長期休みの期間も実施しています。